報告平成29年度 廿日市市産業連関強化塾 (2回シリーズ)
日時
2018年1月16日(火)、2月15日(木)(いずれも13:30~16:30)
場所
廿日市市商工保健会館 交流プラザ

着地型観光なら はつかいち! 2018年 新たな観光コンテンツで集める・稼ぐには

廿日市市主催の市内外の事業者同士の交流、事業者と支援機関のつながりを深める「産業連関強化塾」のテーマは、昨年度にひきつづき「着地型観光」。”着地型観光なら はつかいち!”といわれるような、市内全域での四季を通じた幅広い観光コンテンツの開発とその提供を応援する塾として開催を支援しました。

今年も各回70人以上と多くの参加がありました。市内外の農林水産、製造、小売、飲食、宿泊、交通、旅行などの多様な業種から、また創業希望者や学生、金融機関や支援機関の参加も。今年初めて参加された方が6割と、毎年参加されている方にとっても新たな出会いの場となりました。

<第1回>はつかいち体験観光 ブラッシュアップセミナー
■講演:森の国式・感動の着地型観光のつくり方
鳥取県大山(だいせん)町でアスレチック、キャンプ、ドッグラン等の施設を運営している有限会社森の国・伊澤社長を迎え、「感動の着地型観光のつくり方」について、ご講演いただきました。森の国で提供されている様々な体験プログラムやダウンヒルサイクリングなどの人気ツアー。そのプログラム開発のポイントについて、お話しいただきました。

■事例発表
昨年の産業連関強化塾以降、廿日市市で始まっている/始まろうとする新たな体験型観光商品・サービスをご紹介いただきました。
1)宮島で特別な日本文化体験 株式会社okeiko Japan 〔おけいこジャパン宮島〕より
2)漁師と一緒にかきの水揚げ体験 株式会社フィールランド〔島田水産〕より
3)4社連携によるフィールドアクティビティの開発 株式会社エヌエスティー〔おもてなしホステル宮島〕より


<第2回> はつかいち体験観光ブラッシュアップミーティング
■事業報告
廿日市市が近隣在住外国人の市内中山間地域(吉和地域)への誘客を想定して行ったモニターツアーについて、市観光課よりご報告いただきました。ご協力いただいた米軍海兵隊岩国航空基地MCCSスタッフのほか、吉和地域のもみのき森林公園や昨年オープンしたフォレストアドベンチャー・広島のみなさまをゲストに迎えました。

■プロジェクトPR
観光コンテンツの開発・提供をめざす現在進行形のプロジェクトについてご紹介いただきました。
1)ひとときの宮島星空旅行 (ひとときの宮島星空旅行実行委員会より)
2)SAKURAO DISTILLERY 見学体験 (中国醸造株式会社より)
3)田舎暮らし体験ツアー (有限会社津田交通より)

■リレープレゼンテーション&ネットワークづくり
塾では恒例の「リレープレゼンテーション」で参加者全員がPRを行いました。その後はみなさんの積極的な名刺交換、情報交換が会場の至るところで繰り広げられ、和やかながらも熱気溢れるムードに包まれました。

今年度の産業連関強化塾から、廿日市市の着地型観光における、また新たな取り組みが生まれることを願っています。参加されたみなさま、企画に賛同してご出演いただいたみなさま、そして準備から当日の役割分担までご一緒いただいたみなさま、ありがとうございました。

  • みなさまをお迎えする素敵な看板を準備してくださいました

  • 会場の丸テーブル(指定席)は70人以上の参加者で埋まりました

  • 今年も今若がコーディネーターを務めました

  • ゲストとの対話形式で詳しい情報や本音を引き出しています

  • 比治山大学・マスコミュニケーション学科のみなさんのリレープレゼンテーション

  • 会場のあちこちでご挨拶や情報交換の輪ができています

講演・セミナー一覧に戻る お問い合わせ