報告雲南ブロック商工会青年部研修大会 in 飯南
日時
2016年6月11日 14:30~16:30
場所
道の駅とんばら やまなみ (島根県飯石郡飯南町頓原)

商工会青年部の研修会で、中山間地域の商店や企業と地域が持続する方法を探り、1市2町の市長・町長と若手事業者が意見交換しました。

研修の第1部は講演。「あなたの会社と地域が持続する3つの方法」~若きリーダーたちの挑戦が、地域の明日を創る~をテーマにお話ししました。経営から見た地方創生のポイントは、①需要創出、②ニーズ適応、③課題解決。その具体的な考え方や手法について説明しました。中山間地域において事業経営をされる皆さんにとって何かヒントにしていただければと思います。
第2部はパネルディスカッション。雲南ブロック商工会を構成する島根県雲南市・奥出雲町・飯南町の1市2町の首長と各商工会青年部長の計6名をパネリストに迎え、「トップリーダーと明日を考える」をテーマに、コーディネターを務めました。まず、各首長から「注目してほしい産業振興の取組み」を紹介、続いて各青年部長から「商店や企業の取組み、課題や可能性」を紹介してもらい、それらをふまえて「青年部と行政の連携」等について意見交換をしました。人材育成・販路開拓・事業継承等の課題、地域経済の現場と政策をつなぐことの大切さ、情報共有やニーズ把握等の必要性が改めてみえてきました。限られた短い時間のため深い話しにまで至りませんでしたが、このような機会を継続的に設けて、地域経済の担い手を育てる環境づくり、青年部と行政とのビジネス創出に向けた連携の仕組みづくり、1市2町が広域的に取り組む産業の可能性等を考えていくことが大切かと思います。

  • 講演 「あなたの会社と地域が持続する3つの方法」~若きリーダーたちの挑戦が、地域の明日を創る~

  • パネルディスカッション 「トップリーダーと明日を考える」

講演・セミナー一覧に戻る お問い合わせ